2016年06月13日

藤沢も大したもんです!「児童の夜の居場所の確保」を目指しています。

写真は、今日通りがかった金田公民館。お花が美しく整えられていました。
金田公民館.jpg
藤沢では、夜児童だけで過ごさないように、2か所を新設するため、6月議会に経費600万円の予算案を提出。
夕食も出ますし、施設から自宅まで帰路の送迎も担います。
利用は主に一人親家庭や生活困窮世帯に限りますが、無料!!
月12日以上・午後5~9時の開所などを最低条件として、委託先を公募します。
夜、ホステスをして一人で頑張って、子どもを育てている女性を、私は知っています。
仕事のシフトで、夜子どもを置いて行かなければならない方も居るでしょう。
「子どもに寂しい思いをさせたくない」という藤沢市の心意気に、私は心打たれます。
6月9日の神奈川新聞を参考にいたしました。
これから、ライオンズクラブの「ガバナー諮問委員会」というのに、行って来ますね。
「東京の一部・神奈川県・山梨県」のトップを「ガバナー」と言います。
今日は現3役、7月からの3役もみんな一緒なので、私が質問されることは間違えても無いでしょう。
安心して勉強して参りますね。(^^♪
藤沢 夜の子供.jpg


posted by 谷容子 at 17:32| 子ども支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。