2016年11月16日

神奈川県による「DV 相談窓口のご案内」。配偶者やパートナーからの暴力は、専門家に相談して下さい。男性被害者も相談できます。

神奈川県平塚市のたいていの公共施設では、女性トイレのドア裏にこのカードが置いてあります。
肉体や精神に長期にわたる暴力を受けると、人格を破壊される恐れが有ります。
案内.jpg
男性より力が弱い女性のための相談窓口に加えて、「男性被害者相談窓口」が有るのが良いですね。
女性も心無い言葉や態度で、パートナーを苦しめているかもしれません。
男性トイレにもカードは置いてあるのでしょうか?
神奈川県には、相談を受ける側・カウンセラー等のスタッフの質の向上に努めてほしいです。
暴力を受けた側が逃げ回らなければいけない日本は、皆様と共に変えていきたいと決意しております。
相談の種類.jpg


posted by 谷容子 at 21:52| DV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。