2017年02月18日

ツインシティ計画、いい加減に「新幹線新駅」が出来るというごまかしは、止めて頂きたいです。寒川町議選候補が政策に掲げられない気持ち分かります。私は大神地区の平塚市民の幸せが大事です。

20年経っても、寒川の倉見に新幹線新駅が実現する気配は無いです。
寒川町議会は、新駅誘致のためにお金は使わないと議会決定済みです。
私達が生きている間には実現しようも無い「ツインシティ計画」の犠牲になったのが、平塚市大神地区の住民です。
神奈川県は、「ツインシティ計画」について、精査して下さい。
平塚市大神地区の土地売買で大金を得ようとした方達の、強欲の犠牲になった大神の方達の心痛をお察しします。
もはや、平塚市のワンシティ計画です。
私は、単なる「大神地区土地区画整備事業」と名称を改めることをお願いしたい。
そして、壊れてしまった大神地区の住民コミュニティが復活するように、平塚市長と行政に動いて頂きたい。
どうやったら、大神の平塚市民が幸せになれるのか。
平塚市近隣の政治家は、この1点に東奔西走すべきと考えます。
2月17日、神奈川新聞を参考にいたしました。
新幹線新駅.jpg


posted by 谷容子 at 02:02| 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。