2018年05月27日

(祝)港稲荷神社例大祭。(祝)ひらつか国際交流フェスティバル。(祝)「Yes,愛 Do!」音楽祭。平塚はお祭りがいっぱいです。🌟

平塚の3分の1くらいを、自転車とバスでぐるっと回りました。
お祭りがたくさんの今日、晴れて本当に安心しました。
3年前に落選してからは、偉い方への挨拶回りよりも、イベントの準備とか後片付けをやっていました。
なので、イベントの日の天気が何より気になる、てるてる坊主もよく作りました。
IMG_20180527_104018[1].jpg
須賀の港稲荷神社は海に面しています。
市民の暮らしの安寧を永く守って来ました。
地域の方にとても大切にされている神社です。
神社関係の長老による「須賀甚句」を聞く時、毎年大きなプレゼントを頂いているような豊かな気持ちになります。
バスで一度帰宅し、自転車をヨイショっと漕いで、総合公園へ。
IMG_20180527_135320[1].jpg
平塚の原っぱでは、「国際交流フェスティバル」が開催され、各国のお料理や音楽で賑やかでした。
「トルコ」料理のお店では、大きな鶏肉が!
IMG_20180527_142426[1].jpg
総合公園北西端の「体育館」では、「Yes,愛 Do 音楽祭 みんなで踊ろう」。
障がいをお持ちの方が、音楽に合わせて思わず踊りだす…楽しそうな表情見たさに、スタッフは張り切ります。
IMG_20180527_145445[1].jpg
「疾風乱舞」さんは華やかに、「ティンカーベル」さんは可愛く、踊りを披露してくれました。
その後は撤収作業です。
体育館中に敷き詰めた緑のシートを、根気よく一枚一枚巻き戻します。
全て片付いたのは、午後5時を過ぎていました。
実行委員会の皆様、手伝ってくれた高校生の皆様、本当にお疲れ様です、有難うございました。👏
IMG_20180527_155456[1].jpg

posted by 谷容子 at 18:52| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月24日

連続投稿すみません。黙っていた分、私怒っています!日大アメフト部の前監督・コーチは、宮川選手に「自分が悪かった」と謝って欲しい。

「指示を理解できない選手の未熟」と言う言葉が、昨晩前監督から出ました。
私はこの人の考え方は、特殊だと思います。
将来日本を代表する選手となるであろう若者の未来を捻じ曲げた、少なくとも一因、いえ、「大きな元凶」が自分であるという反省は無いのでしょうか。
少しでも罪悪感を持っていたら、昨夜の記者会見は有り得ない。
ここまで来て、私が望むことは、ただ一つです。
「内田前監督、宮川選手に謝って下さい」
松風.jpg
posted by 谷容子 at 22:11| 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

二十才の宮川選手が「今後自分にはアメフトをする『権利』が無い」と言った重み。『資格』ではなく…。「反省の深さ」が思いやられます。

宮川選手から(もう自分にはアメフトをする)「権利が無い」という言葉が出た時、私は一瞬聞き間違えたのかと思いました。
「アメフトをする資格がない」という言葉を、私は想定していました。
なので、「権利」と言う言葉を聞いた時に、宮川選手の反省の深さに胸を突かれる思いがしました。
本来スポーツをする権利はどんな人にも保証され、これを奪ってはならないものです。
宮川選手の場合は、「自分で自分を許せない」ので、「自分で自分の権利をはく奪した」…。
そう私はとらえます。
「スポーツによる健全育成」って、何なのでしょう。
「スポーツ教育」について、しっかり考えるべきです。
宮川選手は多分アメフトから離れるのでしょう。
離れてもこの痛みを糧にして、立派な社会人になると信じます。
23559855_1454651771298801_6192484287559078603_n[1].jpg
posted by 谷容子 at 21:25| 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする