2017年09月04日

私が40年以上苦しめられた、月経前症候群(PMS) について、知って下さい。そして、女性を応援して下さい。

私は12才から現在まで、月経前症候群に苦しめられて来た40年でした。
生理の14日前、詳しくは排卵後から、心身ともに具合が悪くなりました。
身体では、腰・頭…全身が痛い。肩が凝る。首が回らない。
心は、普段笑って許せることの全てが許せなくなる。自分には何の価値も無いと落ち込む。
行動では、「妙にあがる」。
授業で指されて朗読しようとすると、緊張で息が出来なくなり、声が震え倒れそうになりました。
息子の受験期には、生理を強い薬で止めて貰った数年が有りました。
自分の不調で息子に影響が出てはいけないとの決断でした。
「女性が活躍できる日本を」というスローガンを見る度、「活躍できない訳が有るんです」と思って来ました。
社会的な色々な問題はさて置いて、月に何日か、本当に苦しい女性も居るという事です。
それは、子どもを産むための崇高な苦しさなのかもしれない。
けれど、私は毎月の半分、男に生まれたかったと苦しんで40年過ごしました。
苦しみから抜けつつある今、後輩女性に「諦めないで」と伝えたい。
本当に楽になる日が来ます。
そして社会には、「女性の弱点を把握したうえで、かけがえの無い女性の感性を生かせる社会にしてほしい」と切に願います。
そして、排卵後に40年間迷惑をかけた皆様に心からお詫びいたします。
男になっちゃって、寂しいとかいう女性も居るけど、私は心から安堵しています。
私の人生はこれからですね!(*^^*)



posted by 谷容子 at 03:54| 女性 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。