2018年05月08日

途絶えない「女人禁制」「中学校給食」の記事に、マスコミのプライドを感じています。

旧山古志村(現長岡市)で、国の重要無形民俗文化財に指定されている「牛の角突き」。
闘牛場内への女性オーナーの立ち入りが、初めて認められました。
余白が有ると「女人禁制」関連の記事が新聞に載ります。
これは、マスコミのプライド・正義感と感じています。
かつて、同じようにマスコミが連携して応援してくれたのが、「神奈川県の中学校給食未実施問題」。
何人もの記者さんから、私は「中学校給食」に関して育てて頂きました。
平塚のみの問題ではなく、神奈川県の問題と気付いたのも、記者のアドバイスからでした。
「たたくマスコミ」、「たたかれるマスコミ」。
しかし、気概の有る記者も居られること、記しておきたいと思いました。
IMG_20180507_013625[1].jpg
参考:朝日新聞 5月5日
   神奈川新聞 5月6日
posted by 谷容子 at 06:00| 男女共同参画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする