2018年07月04日

母校「国立お茶の水女子大学」、国内女子大初のトランスジェンダー受け入れ!「新しきを受け入れる」組織は、発展すると考えます。

永い間同じ形態で、伝統のみにすがり付いている組織は、必ず衰退し、周囲に迷惑を及ぼす…
これが持論の私でも、驚きました。
近年、アメリカの女子大が「女性自認」の学生を受け入れたとはいえ、画期的。
私学の女子大でも、この動きがさらに強まる事でしょう。
学生の次の言葉、私は素晴らしき後輩を持ったと、一度だけ自慢させて下さい。
「いろんな人がキャンパスに居た方が面白い」。
良く言った!!👏
IMG_20180704_171134[1].jpg
参考:7月3日 神奈川新聞


posted by 谷容子 at 17:32| 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。