2018年07月11日

平塚児童相談所での勉強記(5)保護した子どもを、保護者の元に返すために。家族の統合には時間をかけます。

子どもはどんな親であれ、親の元に帰りたい、愛されたいと渇望します。
しかし、返して大丈夫なのか、慎重に判断していきます。
家族ミーティングのルールが、下記です。
IMG_20180618_154443[1].jpg
私たちも違った意見を持つ方と話す時に、守りたい事ですね。
「あなたは、ひどい」という言い方は、紛争の元。
「私はあなたがこう考えてくれたら、希望を持てる」という言い方に。
だから、「私は~」ですね。
この家族ミーティング室では奥に保護者、手前に児相職員、その間に子どもが座ります。
壁にかかっているのをお願いして見せて頂いたのが、上の写真です。
家族ミーティング室.png


posted by 谷容子 at 06:00| 子ども支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。