2018年07月14日

2012年の私達の中学校給食請願を蹴ってくれた落合平塚市長に、今は大感謝!その悲しさから、県議を目指しました。来年の選挙に向け、市長は「実施する」という方針を必ず出される筈です。前進です!

「保護者の手弁当で愛情を伝えるべき」「財政が改善されない限り、今後一切中学校給食の論議はしない」。
2013年4月に公式発表がありました。
私は「中学校給食を実現する会会長」として、後輩女性に贈り物を残したら、大学に帰る夢を持っていました。
しかし、実現できず、半年以上悩みました。
大学に戻る夢を追うのは簡単、ストレートに物言う自分には一番向かない政治家を志す…険しい道を選びました。
あの挫折が無かったら、全く別の人生になっていました。
当時あれだけカンカンに怒りを向けた落合市長が、皮肉にも私の人生の方向転換をしてくれたんです。
今は素直に感謝してます。
さて、今回は共産党系の市民が、頑張って下さいました。
有難うございます。
主張なさっている「自校式給食」は、予算的に難しいかも。
2つの小学校給食調理センターが、老朽化しています。
小中学生の調理ができるセンターへの建て替えが、現実的な選択かと。
仕出し弁当みたいな給食ではなく、配膳する方式がベストと考えます。
温かいものは温かく、冷たいものは冷たく。
平塚市、良い中学校給食を頑張って下さい。
心から応援しております。
平塚市の中学生保護者の皆様、関係者様、良かったですね。
おめでとうございます。👍
IMG_20180714_013711[1].jpg
参考:神奈川新聞7月13日


posted by 谷容子 at 02:17| 子ども支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。