2017年03月24日

息子は社会にお返しします。育てさせて頂いて、有難うございました。

以下、3月19日にFBのみに投稿したものです。
記念として、ブログにも残しておきます。
FB読者の皆様、ダブってしまって申し訳ありません。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
子育て終わりました。
現実感ありません。
息子6歳の頃。
1つだけ願いが叶うなら、6歳の息子と一日だけ過ごしたいです。
ママと結婚したいと言ってくれてた頃です。
最後の親バカ。
お許し下さいね。(*^^*)
17353472_1215796551850992_7364513892124143700_n[1].jpg
posted by 谷容子 at 20:52| 子育て支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月14日

子育てセミナー「子供の能力を引き出す親の一言」。明日10時からひらつか市民活動センターで、お待ちしています。

参加費200円ポッキリで、無料の託児も有ります。
同じ子供に話しかけるなら、プラスになる言い方をしたいですね。
お茶を飲みながら、気軽に学べる場です。
又、育児の悩みなど、親身になって聞かせて頂きます。
皆で話しているうちに、道が開けることも。
明日の10時、市民活動センターです。
主催:家庭倫理の会 湘南中央
後援:平塚市教育委員会
子育て.jpg
posted by 谷容子 at 18:17| 子育て支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月14日

家庭倫理の会の「子育てセミナー」にて。子どもは褒めて育てましょう。「怒る」と「叱る」は、違います。

念のため、「怒る」と「叱る」の違いについて。
「怒る」は怒りに任せて感情をぶつけること。
「叱る」は、分かるように言って聞かせること。
大人だって「叱られる」方が良く理解できます。
「怒ってるだろうに、感情を押さえて、諭してくれてるんだなぁ」と分かる時などは特に、感謝の気持ちも伴い、心から反省するもの。
まして、子どもはなおさらです。
今日、講師が良い事を仰っていました。
「お子さんを誉めることがとても大切。
同じように大事なのは、お母さんが自分の事も褒めること」。
自分を認めてこそ、人のお世話ができるんですね。
私は「ダメな母親」と落ち込みすぎた末に…。
「この子は私を反面教師に出来るんだから、役に立ってるわ」と、考えることにしました。
底まで落ち込んだら、視点を変えてみると良いと思います。(*^^)v
ストック.jpg
posted by 谷容子 at 16:51| 子育て支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする