2017年06月10日

児童生徒へ。いじめられて自殺する前に、知事や市長やあらゆる処機関に「誰に何をされたのか」手紙書いて下さい。

私は息子に「自殺するなら、あらゆる公的機関に手紙やメールを送り、電話をしなさい。夜中でも早朝でも、緊急事態の場合は、遠慮するな。死んだらあやふやになる。何故君は死ぬしか救いがなかったのか、残してから死になさい。内閣総理大臣にも電話しなさい」と、口うるさく言ってきました。
(私も絶望すると、信頼する方にバンバンに相談して、生きています)
児童生徒の自殺では、親か学校の責任問題に終止されます。それ、死んだ子がが望んでますか?
死んだ子が欲しかったのは、いじめをフンと鼻で笑う強さだ。自分はかけがえの無い人間だという自尊心だ。
親か学校のどっちかが、「貴方の存在が大切なんだ」と、本気で伝えたのでしょうか
今苦しい小中学生の皆さん、私のメルアドを公開します。
死ぬ前にメール下さい。そしてメールをするファイトが有るなら、死ぬのを2〜3日待って下さい。必ず谷おばちゃんが、連絡します。yokosunriseohayo@yahoo.ne.jp 谷容子
IMG_20170502_170259-c6c2a.jpg
posted by 谷容子 at 02:24| 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月03日

文科省の方に声が届きますように❢ディベート(討論)の授業が必要だと思います。

ゴールデンウィークに硬い話で申し訳ないです。
日本人って、意見は全員違って良い、という意識が余り有りません。
違う意見の人とぶつかると、意見だけではなく全人格を否定して、悪口まで言う方も見受けられます。
かく言う私も、論争=喧嘩になった事もありました。
日本の教育に、「ディベート(討論)」を取り入れて欲しいと願います。
写真は「忘れな草」です。(*^^*)
IMG_20170502_170259.jpg
posted by 谷容子 at 13:17| 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月09日

〜成人式に寄せて〜 私のハタチの頃。お茶大恩師 VS 母

19才・ハタチの頃、なぜだか私は三つ編みカーリー。
スフィンクスみたいに、茶色の髪の毛爆発してたんですよ。
真面目と思われたくない、と頑固に思っていました。←子ども!(笑)
東大と北京大学を出た、敬愛する女性教授から家に電話が有りました。
恩師「容子さんの髪型は派手すぎます」
母「容子にはとても似合っているから、私は変えさせる気はないんですよ。」
ウチの母、ナイスだと思います。
ストンと素直な気持ちになって、パーマやめて黒髪に戻りました。
その髪型を見た時の、恩師の嬉しそうな笑顔も、記憶に残ってます。
沢山の人の愛情を受けて、人は成人するものですね。
成人した皆様、育てた皆様、おめでとうございました。(^O^)/
IMG_20170109_154551~2.jpg


posted by 谷容子 at 21:13| 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする