2018年03月18日

原点に返らせてくれて感謝!市民団体は平塚の誇りです。「ボランティア&市民活動見本市2018」by 平塚市民活動センター

ボランティアと家事の両立で悩んでいた頃を、思い出しました。
パネルディスカッションが1時間あり、その後興味のある団体に話を聞くマッチングが1時間半。
もっと時間が欲しかったくらい、話しました、聴きました。
代表.jpg
この「会社の統率者と、ボランティア団体の統率者は、違う」というのは面白いですね。
定年して活動を始めた方らしい、発見です。
ディスカッション.png
主に、「須賀の寺子屋」さんと「車椅子ハッピーダンス湘南」さんと「平塚のら猫を減らす会」にお話を聞きました。
「須賀の寺子屋」さんは、参加の日を決めました。
「車椅子ハッピーダンス」さんも、見学に行きます。
「のら猫」に関しては「神奈川県の課題」も発見できました。
大変有意義な企画、本当に有難うございました。😊✨
IMG_20180318_162643[1].jpg
posted by 谷容子 at 17:25| 市民活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月15日

「はれのひ」被害者のため、八王子で「成人式プレゼント」プロジェクト発足。「やり直しは意味が無い」との批判は、私は違うと思います。

素直に嬉しく思っています、この日本人の美点を。
成人式を台無しにされた人たちを何とかしたい…優しい思いやりがプロジェクトに。
八王子の和装業者やカメラマンを中心とした市民が、無償で動き始めました。
「友達と祝い合うのが成人式」
「被害者だけでやっても意味が無い」
など、批判も多く目にしますが、私は違うと思います。
確かに「同窓会気分」の成人式は出来ないです。
しかし、成人式のそもそもの意味は、友達と会うためではありません。
本人も家族も20年の意味を振り返り、感謝し、けじめをつけ、再スタートする為のものと考えます。
この市民プロジェクトには、八王子市も協力するとのことです。
2月に「やりなおし成人式」が実現するまで、温かい目で見守りたいと思います。
下記サイトを参考にしました。
http://www.news24.jp/articles/2018/01/11/07382698.html
IMG_20170628_151214.jpg
posted by 谷容子 at 20:00| 市民活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年08月23日

「崇善公民館・市民活動センター 複合施設の整備について」説明会に行って来ました。

平塚市のど真ん中の一等地に、予算節約のために2階建ての建物を作るという計画です。
ガタガタ言いたくないので、一言だけ。
この場所に2階建ては非常識です。
笑いものになりかねません。
3階は「子ども食堂」にしたら良いではありませんか。
平塚市は予算の配分を、きちんと考え直すべきと私は思います。
複合施設.jpg
posted by 谷容子 at 21:29| 市民活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする