2018年07月26日

「ひらつか演劇鑑賞会」は、楽しいですよ。演劇の話・雑談で、2時間ワイワイ盛り上がりました。どなたでも何時からでも入れます😊✨

演劇について語り合うはずが、全然関係ない話も飛び出し、笑える2時間でした。
お菓子食べながら雑談、女性にとっては最高です。
勿論、男性も入会できます。
「演劇鑑賞会」の良い所は、劇団を迎える運営・準備を、会員で行っていること。
劇団との交流は、とても楽しみです。
次の例会は、「劇団前進座 柳橋物語」。
原作、山本周五郎さんです。
問い合わせは、0463-24-3265にどうぞ。
メールは、h-enkan@ma.scn-net.ne.jp です。
IMG_20180726_143342[1].jpg


posted by 谷容子 at 18:34| 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月30日

文学座が「牡丹燈籠」(怪談)を上演。私たち複数グループが運営しました。@ひらつか演劇鑑賞会

1年に1度の運営当番は、大変なだけにとても楽しい、やりがいが有ります。
まずは玄関前で、入り口の案内をしました。
IMG_20180629_173252[1].jpg
原作は三遊亭円朝さん。
さすが文学座だけあって、工夫が凝らされていて、本当に面白かった!
昨日の上演までに、何度も皆さんで集まって運営会議を開いて来たので、良い作品だとやはり嬉しいですね。
IMG_20180629_171244[1].jpg
運営会議で決める楽しみの一つが、「カーテンコール」を何にするか。
劇団員さん全員の分を、舞台の役者さんに最後に渡します。
私たちは、「牡丹」や「燈籠」に関係の有る絵で、「オリジナル・クッキー」を特注しました。
IMG_20180629_165228[1].jpg
開演前や幕間のお楽しみ用、コーヒーコーナーも有ります。
一カ月2700円の会費は、まぁ高いのですが、この達成感などを考えると安いかもしれません。
自分たちのアイディアで、品質を良くして行けるのは、「演劇鑑賞会」ならではです。
IMG_20180629_170938[1].jpg
終演後は「舞台の撤収」です。
劇団員さんに指示出しして貰いながら、素人ながらに舞台装置を片付けます。
舞台道具のあれこれに驚ける、この時間も貴重です。
昨夜は中央公民館を出たのが夜9時過ぎになりました。
それでも「楽しかったね~!」と皆で笑顔で声を掛け合って、帰路につきました。👍
撤収.png
posted by 谷容子 at 19:47| 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月21日

詩吟、3段になれました。師匠と先輩の応援で、10月21日の昇段審査にて、4段に挑戦いたします。💪

写真をご覧になって頂くと分かるのですが、この「夜坐」、本当に「ん」が多いです。
「ん」は響かないし、唇の操作も難しい。
師匠にも、「これは難しいよ~」と言われました。
ムラムラと闘志がわき、どうしても「トライしたい」と思いました。
3段を得させて頂き、4段はこの吟で臨みます。
10月の昇段審査が終わったら、これまでのようには詩吟にも通えなくなります。
「来れる時、ホッとしたい時だけ来ればいいよ」と先輩方に言って頂け、ホッとしました。
来春が過ぎたら再開し、先輩たちに混じって「合吟」のメンバーになるのを楽しみにいたします。👍
IMG_20180621_183607[1].jpg
posted by 谷容子 at 19:02| 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。