2018年01月14日

明日1月15日、平塚市明石町で「朝ごはんこども食堂」が始まります(毎月第3月曜)。みんなで応援したいですね。👍

明日より平塚市明石町19-24の2階で、「朝ごはん」に特化した「こども食堂」が始まります。
毎月第3月曜、朝7時から8時15分まで。
非常に素晴らしいと思った点が幾つか有ります。
まず、大人だけでも入れることです。
高齢者で料理が大変な方、一人住まいで寂しい方などの助けになります。
もう一つは、容器を持って行けば「お味噌汁」を入れてくれて、「おにぎり」と共に昼弁当に利用できること。
又、両親が早朝出勤するので、一人で朝ごはんを食べている子も多くなりました。
大家族で朝ごはんを食べて1日頑張るお手伝いをする、この「朝ごはんこども食堂」。
広報や物資など、多方面で皆で応援できると良いですね。😊✨
IMG_20180113_185333[1].jpg
posted by 谷容子 at 17:00| 子ども支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月13日

寒川町、中学校給食を「センター式」に変更。秦野市は年明け市長選、両候補が「中学校給食実現」を公約に掲げ、争点つぶれ。平塚市長選も「争点つぶれ」になる予想(私見)。

木村寒川町長は、賢明な方だと思います。
私は「持参弁当と給食を選べる、選択制」「デリバリー方式」「弁当箱に入った給食(=ランチボックス式)」のうち、「選択制」と「ランチボックス式」は、生徒にとって特に良くないと考えています。
寒川町は、「選択式、且つデリバリー(ランチボックス)方式」で実施予定でした。
しかし、大磯問題を受けて、寒川町は「小中学校の給食を一括で調理する『給食センター』を設置」に変更しました。
君子あらたむるに憚(はばか)ることなかれ。
「間違えに気付いたら、立派な人は変更する勇気が有る」んですね。
IMG_20171209_023916[1].jpg
さて、横浜は別にするとして、給食未実施で残された、平塚・茅ヶ崎・伊勢原・秦野の4市。
来年1月の市長選が迫る秦野市では、対抗馬が公約する「中学校給食の実現」を、現職市長も突然公約に掲げました。
中学校給食は、争点ではなくなりました。
付け焼刃の公約には、不安を感じます。
「給食」は、「子どもの未来の幸せ」の為に有るものだからです。
やれば良いという物では、絶対に有りません。
2019年の平塚市長選では、同じような「争点つぶし」が行われるのでは、と私は心配しています。
良く考えた実施方法でなければ、泣くのは生徒だから・・・。
日本でも、神奈川県の中でも大変実施が遅れたこの4市は、先に実施した自治体の成功例・失敗例をよく研究して頂けますよう、お願い致します。
IMG_20171209_023403[1].jpg
参考:上から神奈川新聞11月28日・12月8日
posted by 谷容子 at 06:00| 子ども支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月07日

父親に殺された子供たちの写真が出回っていることに、怒ってます!死者の肖像権について、調べてみました。FB投稿したら公開OKなのか?

私が誰かに殺害されたからといって、私の写真マスコミにガンガンに出して欲しくないです。
「家族がFB投稿したと思われる写真」として、鮮明な5人の子ども達の写真をさんざん目にして、頭に来てます。
死者の肖像権について、今2時間首っ引きで調べていました。
もともと「肖像権」という名称の権利は、法律上無い!んですね。
フェイスブックに写真投稿したら、もう「誰もが見てもいい」という意思表示になるという解釈なんでしょうか。
投稿は「公開」だったのだろうか。
友達限定だったとしても、友達が公開したんでしょうね。
法律が無くても、死者への配慮は今まではなされている場合が多かったと思います。
それに、犯罪者だって「学生時代の写真」などで紹介されることが多いのに、どうして今回はこんなにパンパカ出てるんでしょう。
「悼み」を伴わない報道は、どうかしてるんじゃないでしょうか。
弁護士の知り合いに片っ端から聞きたいけど、知り合いだからと「知識」を簡単に貰っていいとも思いません。
なので相談も出来ず、一人で怒っている、日本晴れなのに。
写真は怒っている自分を表すものとして…。
ちょっと無理在り…。
o0309048013513652155[1].jpg
posted by 谷容子 at 12:15| 子ども支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする