2017年02月02日

「都民ファースト」の会(小池百合子政経塾)の「政策立案部会」の選考に漏れました。残念です。いつか「県民ファースト」の会、作ります。

「都民ファースト」の会による、東京大改革の為の「政策立案部会」に参加したく、受験しました。
が、今郵便で参加できない結果となりました。
この講座は本当に受けたかったので、残念でたまりません。
私、出来が悪いなぁと落ち込む気持ちを捨てて・・・。
神奈川県や平塚市の事を、もっと勉強します。
そして、力をつけたらいつか「神奈川県民ファースト」の会を作りたいと思います。
頑張ります!
160229_175851 (2).jpg
posted by 谷容子 at 13:50| 小池百合子政経塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月23日

ホッとしました。「小池百合子政経塾」の「都議選対策講座」落ちました。「政策立案部会」の当落は、これから。(*^^)v

私が「小池百合子政経塾」に行くことは、平塚の政治家のトップにもお伝えしています。
「小池百合子政経塾」にも、私の意向をきちんと伝えた上で、「都議選講座」を受験しました。
私は平塚から県会に出たいと切望していることを。
「都議選講座」の試験は、難しかった~!!
今、落っこちたと郵便が来ました。
受かったら、「都議選には出ないけど、講座は受けたい」と平塚の人たちに言って回らなくちゃ。
でも、そんなこと、塾にはどう言ったらいいんだろう、失礼過ぎる…。
受かったら「超ややこしい事になるなぁ」と、思ってました。
安心しました。(笑)
私は、「平塚市民のお役に立ちたい」という気持ちを変えることは有りません。
「政策立案部会」の受験も同時にして来ました。
当落は、今後連絡が来ます。
こちらは、平塚の参考にもできるので、受かると良いなぁ。
ただ、東京に度々行く時間を捻出するのに、気合入れなきゃと思っています。
はい、受かってから、考えます。(*^^)v
IMG_20170115_144750~2.jpg

posted by 谷容子 at 13:50| 小池百合子政経塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月14日

第4回「小池百合子政経塾」 講師 ・三浦瑠麗 東大政策ビジョン研究センター講師 ・鈴木亘 学習院大学経済学部教授

今、夜の9時を過ぎました。
小池政経塾の講義内容について勉強し続け、夕食を取る気にもなりません。
普段もこうならダイエットできるのですが…。
4回目の今日、「塾の存在価値は大変大きい」と個人的に思っている理由の一つを挙げます。
それは、単純に「強く勇気づけられる」からです。
極端に言うと、「良い年にするのは自分でするのだ」と、小池都知事自身から聞きたいので参加しているということです。
難しい事を言わずとも、小池百合子氏が「人を鼓舞できる」政治家であるのは、スゴイと思っています。
塾長.jpg
☆三浦瑠麗 東大政策ビジョン研究センター講師について。
私が夕飯も忘れ格闘している理由の大部分は、彼女の講義内容に関してです。
全てを理解できる訳もありません。
全てに共感する訳でもありません。
その中で、以下の意見には全面的に賛成するものです。
・国民の判断の土台となる「真実」を伝えることが、政治家の最大の役割
・その上で、政治家の最大の権力は、「正しい課題設定を行うこと」である
・「正しい質問」にたどり着くことが、「正しい答え」にたどり着くよりも重要。
・政治家を志した原点を忘れずに。
三浦瑠麗講師.jpg
☆鈴木亘 学習院大学経済学部教授について
「東京の待機児童問題」と題して講義をされました。
まず、東京と横浜市の違いを明確にされていたのが良かったです。
横浜市は市長が「待機児童をゼロに」と言えば、全ての区長は役人なので可能。
区長が選挙で選ばれる東京は違います。
そこで小池都知事は、区長との全体会議を持ち、「みんなでやろう」と呼びかけを強くしているとのこと。
そして、「(昨年)9月の補正予算、待機児童対策の為に126億円」!!
保育士の待遇改善で「家賃補助月額8万1千円を拡充」。
さらに、「賃金4万4千円の独自上乗せ」には、改めて驚きました。
最後に画期的と感心させて頂いたことを書きます。
今まで官僚の知識と知事の知識に格差が有りすぎたため、知事は官僚の言いなりに。
そう、政治家が全ての事の専門家になれるわけが有りません。
そこで、知事と担当局の間に顧問(専門家・調整役)を入れてやって行く。
官僚の「はしごを外される」という恐怖も当然です。
知事と顧問が官僚との話し合いを密にし、官僚の恐怖を取り除く姿勢に共感を覚えました。
鈴木亘教授.jpg
個々の専門的な課題については、本日以降もコツコツと勉強して参ります。
とりあえず、夕飯を食べて来ます。
posted by 谷容子 at 21:16| 小池百合子政経塾 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする