2016年11月09日

危険ドラッグ乱用、絶対にダメ!警視庁の冊子から写真を借りています。

昨夜、危険薬物乱用防止の活動を長い間されている方から、警察庁の冊子を頂きました。
この写真を見た時、涙してしまいました。
薬物乱用.jpg
注射の跡がこんなになっても、止められないドラッグ。
この方は、何10回もやめようと思ったでしょう。
「人間の再生」は、「自分をありのままに認めた」時に可能だと思います。
でも、こんな傷が残ったら、見る度に自分が嫌になるでしょう。
人生をやり直すには大変なパワーが必要になってしまいます。
乱用防止活動と共に、常用者が「人間性を取り戻す」手伝いをする活動も必要だと考えます。
この活動に終わりが来る日を願って、歩み続けます。
警察庁.jpg



posted by 谷容子 at 20:32| 危険薬物乱用防止 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。