2018年09月27日

珍しい!横浜市 中央卸売市場に認可保育園「こまつな保育園」を発見!旬の野菜やお魚で手作り給食、美味しそうです。

横浜駅から徒歩20分くらい。
卸売市場に認可保育園が有ると聞き、ワクワクしながら見学しました。
なんと!大きい体育館が5階にありました。
今日は雨の為、近くの幼稚園児が運動会の練習で使っているのを、保育園児は見学していました。
IMG_20180927_110016[1].jpg
市場の中にある保育園なので、給食はもちろん市場の食品を使い、新鮮です。
旬が分かりにくくなっている現代に、上質の食育がなされています。
機械ではなく人間が作った給食は、心を温かくします。
平塚でも手作り感が有る中学校給食になると、良いですね。
IMG_20180927_111226[1].jpg
なんと!0~2才児8人を6人の先生で見ています。
なので、お風呂にも園児を入れられます。
バスタブの有る保育園って、初めて見ました。
この保育園の園児定員は9名です。
9人のうち5人は区から、4人は企業から。
市場で働く親の子が優先なのは、言うまでも有りません。
IMG_20180927_111144[1].jpg
子どもが具合が悪くなった時は、写真の別室で保育します。
いつもの保育室は、なんと!床暖房!そして広い!
7時から18時までの開園時間、こんな保育園なら保護者も安心ですね。
IMG_20180927_110446[1].jpg



posted by 谷容子 at 17:10| 子ども・子育て支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月27日

海老名市民である妊婦さんは、歯科検診1回無料。市のマタニティースクールに出席していなくても可。妊娠中って歯の手入れがおろそかになりがちなんです

国策として少子化対策に取り組んでいるのだから、子どもを産もうとする女性への「いたわり」は、必須だと考えます。
「子どもを産んで」とギャンギャン言いながら、お母さんを大切にしないのは、変な話です。
海老名市の施策が画期的です。
マタニティースクール参加者で希望する妊婦だけが無料だったのを、全員に広げたこと。
これまで年間80人ほどの妊婦しか、無料歯科検診を受けていませんでした。
なんと、この4カ月で既に138人に!
妊娠中はつわりの為、気持ちが悪くて、歯磨きするのが恐ろしかったです。
手入れがおろそかになり、歯周病になると、早産や低体重児出産のリスクも高まります。
1回無料検診を受ければ、歯医者さんに通う習慣が出来ます。
さぁ、平塚市もやりたいですね。
IMG_20180827_144311[1].jpg
参考:神奈川新聞8月22日
posted by 谷容子 at 15:28| 子ども・子育て支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月22日

相模原市の「子どもの貧困対策」が素晴らしいです。8799万円予算計上。学習支援は「トライグループ」に委託。平塚も頑張りましょう!💪

相模原市の「ひとり親家庭支援」は3本柱から成ります。
➀「ひとり親家庭等学習支援事業」
1回90分で32階の学習支援。
100人で募集した所、180人から応募がありました。
➁子ども食堂などの「子どもの居場所づくり」
公営の「子ども食堂」が欲しいですね。
➂「ひとり親家庭等訪問相談事業」
専門指導員を、保護者に派遣。
就労支援・家計管理など、細かい相談に応じます。
加山相模原市長の言葉に有るよう、「生まれ育った環境で、子どもの学びが左右されない」ような施策が求められています。IMG_20180821_043053[1].jpg
参考:朝日新聞8月16日
posted by 谷容子 at 01:01| 子ども・子育て支援 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。