2018年09月14日

立ち見が出るほど集まった地域住民も、講師も素晴らしかった!社会を明るくする運動 平塚市富士見地区大会「薬物乱用防止対策」研修会

講師は、神奈川県警本部 薬物銃器対策課 薬物捜査伝承官 志水 佳比古 氏。
有る時は大仏のような温顔で道徳を語り、
有る時は鬼神のような厳しい顔で薬物の恐ろしさを語り、
有る時は恵比寿様のような福顔で、会場を笑わせる。
あっという間の、眠くなる暇も無い1時間強でした。
「おもてなし = 奉仕の精神」という言葉が妙に胸に残っています。
IMG_20180914_190758[1].jpg
夜の時間に満席以上に集まった富士見地区の平塚市民。
素晴らしいです。
向学心・向上心・親心に満ちておられるんでしょうね。
企画をされた地区役員の方も、お疲れ様でした。
勉強させて頂き、有難うございました。
満席.jpg
posted by 谷容子 at 21:02| 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月12日

平塚駅南西口、南東口、両方で「つうほうそうち」を発見。携帯を持たない幼児・小学生の為なんでしょうか。目立ちますよね。

平塚駅南東口の横断歩道を渡ったすぐ左手に有り、前から気になっていました。
南西口の付近でも「見つけた」とFB投稿している方が居られました。
携帯電話をほとんどの方が持っている現在、この「つうほうそうち」がなぜ登場?
「つうほうそうち」とひらがなで書いてあるので、幼児・小学生用?
それにしては、非常用ボタンを押すのが大変そう。指の力が要りそうです。
大人も慌てると、110番するべきを119番しちゃったりする可能性があります。
そう考えると、マイクも付いているし、存在意義はあるかも。
どなたか設置の経緯を知っておられる方、教えて下さい。
私も調べてみますね。
IMG_20180912_201840[2].jpg
posted by 谷容子 at 20:58| 治安 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月10日

アレルギー性鼻炎の手術の為、10月8日から15日まで入院します。下鼻甲介・後鼻神経切除術、鼻中隔彎曲矯正術。@横浜市大センター病院

アレルギー反応が強度なので、レーザー手術を2回受けても余り改善せず。
「ハックション」×100では、仕事になりません。
市民の皆さんの意見を、私は集中してしっかりと聞きたいんです。
なので、クシャミ鼻水を止める手術を受ける決意をしました。
手術中は全身麻酔で人工呼吸となる為、気管に挿管…本人寝ているので、苦痛は無いそうです。
術後はともかく、手術は医師らが頑張って下さるので、そんなに心配していません。
入院場所は、夫と姉の母校である「横浜市立大学付属」の病院です。
面会謝絶となるので、お見舞いの心配はなさらないで下さい。
センター病院.jpg
「体力のある人しか病院に通えない」と痛感しています。
朝9時に出て、一度帰宅したのが夕方4時。
5時間歩いても全然平気な私でも、「あっちこっちの受付回って、大変だなぁ」と思いました。
身寄りのない一人暮らしの方が、具合悪くなった時…。
具合悪過ぎて病院に行けない!という事態が起こり得ます。
ごく身近な問題なのですが、解決は本当に難しい。
けれど、平塚市民の知恵を結集して、平塚から良き解決モデルを全国に発信出来たらと願います。
写真は、病院の食堂でお昼の「タンメンセット」です。
物凄くしょっぱくて、コップの水半分入れて、薄めました。
病院の食堂で不健康……??
ビックリしました。😲
食堂.jpg
posted by 谷容子 at 17:08| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする